顔毛や鼻毛のエピソード

顔の産毛の処理は、美女子を目指しているならば必須です。

お化粧のノリが違いますし、基礎化粧でも浸透が違うような気がします。

肌色が1トーンも2トーンも明るくなり、お手入れには欠かせません。

鼻毛は。。。お笑い芸人か!となってしまいますよね。

油断無く!

* 会社で可愛いと気になっていた女子と一緒の残業。

その時にパソコンの光に晒された彼女の口周りに、ミッチリ黒い産毛が。

今までは気がつかなかったので処理をしているのだろうけれど、夜になると生えるのか!と思うと、狼男を思い出してしまった。。。幻滅。(29歳男性)

女性の場合は朝剃っても夕方には生えているというほど多毛ということは、病的な原因がある以外あまり見られないことです。

何日間かお手入れを怠っていたのかもしれません。

しかし、それで「狼男」と判断されたんじゃたまりません。

いつでも完璧であるためには、エステなどでの脱毛も必要かもしれませんね。

*合コンでその日一番の美人をお持ち帰り。

ホテルで過ごし、早めに起きた僕が彼女の寝顔を覗き込むと鼻毛が!

「どうして今まで気がつかなかったんだ!僕のバカ!」という気分になった。彼女とはそれっきり。(27歳男性)

合コンから恋が始まる期待は、男性も女性一緒。

ただの遊びで終わらせるつもりは男性もないのではないでしょうか。

ただしお付き合いが始まるまでの順番は、ちょっと違うかもしれません。

外見重視で始まると、外見でお熱が冷めてしまう危険性があります。

内面を知って愛されるようになるまでは、外見で気を緩めることは禁物です。

横浜の脱毛エステ人気ランキング

顔毛や鼻毛のエピソード2

* 初キスの時に目をつぶって待っている彼女の街灯に照らされた顔には、桃のような産毛がみっしり。

唇まわりには少々黒い毛も混じっていて気分が萎えた。(29歳男性)

せっかくのムードも台無しです。

期待感が高まっている女性に反して萎えていく男性。

ちょっと悲劇ですよね。

男性はデリケートなものですから、いくら尽くしていても産毛のことだけで台無しになってしまうこともあるのです。

* 保険外交員の職場は、古参年配女性が大威張り。

おしなべて夕方には口臭とヒゲのオンパレード。

「成績では負けてるけど、女性としては最低ね!」と心の中で罵っては不満を解消している。(26歳女性)

女性は加齢臭がでないと言われていましたが、今では「女性ホルモンが臭気を抑えていた」と分かってきました。

女性ホルモンの分泌が少なくなってしまった女性は、加齢臭も出ますし、男性のようなヒゲも生えるようになります。

そのくせ頭皮だけは薄毛になったりするものです。

特にアクティブに男性並みに働いている女性は、それだけ男性ホルモンの働きも旺盛になりがち。

気を付けないと、クサイの毛モジャだのハゲだのと、大変なことになってしまいます。

ストレスを感じる生活をしていると、それだけホルモンバランスを壊すことになります。

加齢が原因でなくとも、この「くさい」「毛深い」「ハゲる」の三大不幸が起こることもあるのです。